« 「ゆべし」と「あじさい」 | トップページ | 銀座 至福のとき 2 »

2006年6月 3日 (土)

銀座 至福のとき

急用で銀座に出かけ急いで家路に着いた。
今日は何となく物足りない。

そうだ!「茶の葉」寄らなかった。

コーヒーが飲めるように成ったのは2年前から。

それまでは外出先で疲れたときは、喫茶店で「紅茶」か、仕方なく「クリームソーダ」などを注文していました。あるいは高級喫茶(?)で「日本茶」を頂いて疲れを取って我慢。

今から、156年以上前になるでしょうか、ある時、松坂屋の地下で入った日本茶のお店「茶の葉」が私の銀座コースの一つに欠かせないものになりました。

美味しいお茶とお菓子!
以前は同じ地下でしたが現在の場所とは反対の方向にあり、今の多摩プラザー店の様な店舗の脇にあるちょっとしたお店の感じでした。

それからは、銀座に行ったら用事を済ませ、時間を見ながらまず「白牡丹」そして「鳩居堂」「伊東屋」「茶の葉」が私のゆっくり過ごす「銀座の1日」

Photo 残念な事に「白牡丹さん」は数年前に閉店になり、楽しみが一つ減りました。

「白牡丹さん」は私が、気軽に買えるような品は余りありませんでしたが、それでも店内を一周するだけで満足!大好きなお店でした。
高校生の時、学校の手芸の時間に、スエーデン刺繍の授業があり、白牡丹さPhoto_1んに、その布で三つ折バッグを仕立ててもらい母にプレゼントした思い出が懐かしいです。

そのバッグは、母が大事に使っていたので、今でも健在です。懐かしくなってUPしてみました。 Photo_2 Photo_3

|

« 「ゆべし」と「あじさい」 | トップページ | 銀座 至福のとき 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ゆべし」と「あじさい」 | トップページ | 銀座 至福のとき 2 »