« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月19日 (金)

今年の花びら餅

Photo_65 一年があっという間に過ぎてしまい、もう今年も「花びら餅」を作る季節になりました。
新年早々に作る年もありますが、殆どが15日過ぎから、初釜の頃でしょうか。

15_3 昨年も牛蒡が曲がらないように数本づつ糸で束ねたり、求肥Photo_70 のやわらかい感触を楽しみ、粉だらけになりながら作った花びら餅ですが、今年も「この感触~!」赤ちゃんの肌のようです15_4

そういえば、昨年も残った「白味噌」で苦労しました。
毎年の事ですが、味噌汁に白味噌を使わない我が家では花びら餅の為に一番小さな袋で購入した白味噌がいつも余ってしまい、何とか味噌汁に合わせ味噌にして使おうとするのですが、いつも不評で、「田楽」を作ったりと大変。

今年は残った白味噌でお菓子を作って見ようかと考えています。Photo_68

Photo_69 「花びら餅」は今年に入って2回作りました。
それでも2日間続けて作成したので「牛蒡」と「味噌餡」は一回で済みました。その為、2日目は時間的に余裕があり19個も作ってしまいました。
Photo_67箱に詰めて川口へ。

「花びら餅」のシールは透明シールに印刷しました。
その年によっては和紙シールを使います。

| | コメント (0)

2007年1月13日 (土)

西新井大師

Imgp0422昨年もお参りに行った「西新井大師」にお札を納めに行ってまいりました。
特に、信心深いわけではないのですが、何となく懐かしく思う所ですね。

相変わらずの門前町の風景の中、昨年と同じお豆やさんで、「こがし豆」をImgp0427買いました。
昨年の「きなこ豆」も美味しかったのですが、もっと香ばしくお土産に買って 帰ると母が「懐かしい味だ」と大喜び。

Imgp0433そしてもう一つのお土産が「黒ごま」の飴。Imgp0431
やわらかくて香ばしく、懐かしい飴です。

翌日、家の近所で私も懐かしい物を発見しました。
「材木屋さん」の木材に押された「賀正」の赤い印です。
昔、大きな材木屋さんが近くに有って、お正月になると材木にImgp0416沢山赤い色で「賀正」の印があったのを思い出して、通りすがりに、たまたま持っていたカメラでパチリ!!
きれいですね。

| | コメント (0)

2007年1月 6日 (土)

新年会

2日の新年会も無事に終わり、各家庭、日常の生活に戻りました。

Photo_58 今年の新年会は、大人 13名  子供 4名(小学生2名 1歳 5ヶ月) 計 17名でした。 Photo_63
集合は5時半予定でしたが、なんせ子連れがいるのと群馬から上京するのに大渋滞に巻き込まれたりと、結果は3回も乾杯をする事になりましたが、何とか皆無事に集合できた事に感謝しております。 Photo_59

子供たちにとっては楽しいお正月。
Photo_49 お料理も場所が狭くて乗り切れず、「二の膳」などと言って後から追加しました。
購入した「おせち(これは洋食と和食の2種類)」や姉の手作りの「お煮しめ」「ビーフン」「レンコンのきんぴら」等まだまだ乗り切れません。Photo_50
これは各家庭で持ち寄るので、結局あれもこれもと増えるのですが、楽しいですよね。
Photo_60 「ビーフン」や「大根の煮物」などは毎年皆が楽しみにしていて、売れ筋です。Photo_61

中盤に「そろそろ始めようか」と言う兄の言葉で始まる「大 お年始?」で、各家庭から順番に始まる、「お年賀」と「お年玉」の交換会。
子供達も緊張と期待でニコニコ顔。(*^_^*)
でも、我が家の取り決めで、他の家庭よりも現金は本当に最小限しか渡しません。
小さい子供は、おもちゃ(せいぜい5~600円程度)か図書券。

今年から勤め始めた甥は、従兄弟の子供達にも渡せるようになったと嬉しそうにお年玉袋を作成していました。今年貰ったチビちゃん達!君たちも大きくなったら、頂いて嬉しかった分を誰かに返してほしいですね。

Photo_53 最後の締めの「お雑煮」が、今年は大売れ
二鍋一杯に煮たのに、なんと空っぽになりました。(良かった(*^^)v)
写真は、「なると」と「ほうれん草」がまだ入っておりません。

88歳になった母へ孫たちから「鯛」の贈り物。
Photo_56よく気が付いたね~! 半身を皆で頂き、翌日は「鯛めし」と「潮汁」、だしを取ったコブと一緒に細かい身を煮た「佃煮」の3種を作りました。Photo_57
「鯛」も本望だね。こんなに使って。

大鍋や食器もほぼ片付け終わり。
あっという間の「お正月」でした。

| | コメント (0)

2007年1月 1日 (月)

迎春

あけましておめでとうございます。

今回のブログも、何とか続けて1年が過ぎました。
続くかどうか不安でしたが、日々の記録として、
時には自分の日記として、そして遠くに住んでいる家族や友人へのメッセージ代わりにアップして、一年続きました。

読んだ後に、メールをくださる方や直接電話でお話をしてくださる方等、とても嬉しくて、あっという間の1年間のブログでした。
有名人でもなく、内容も面白いわけでは無いのに、「毎日開くのよ」と言って頂き、どれだけ励みになった事でしょう。
有り難うございました。 m(__)m

今年も、何と無くポツポツと日々の事を記録してゆこうと思っておりますのでお付き合いくださいね。

こんな事を書いている元旦は少しのんびり。
頂いた年賀状でお出ししていなかった方への年賀状作り等しております。
明日は、多分大人12名 子供(小学生2名 1歳1名 5ヶ月1名)の大宴会!!
これでも、姪夫婦が欠席です。

Item00611 毎年の料理と進行ですが、今年は子供達に内緒で飲み物を用意しました。
「子供ビール」「こどもののみもの」です。

以前にどこかで飲んだ事があり、暮れにはスーパーで「こどもののPd_kodomo1_1みもの」は見つけたのだけれど、「ビール」の方が無かったのです。
中身は「タンサン」の甘いものですが、かなりの泡立ちがあり見た目はビール なのです。 Item01221しかも「黒ビール」まであります。
今回欠席の、姪の旦那様がきっと喜びそうなのに残念ですが、大人も一回は飲みたくなるのよね~。Sub2s1_1
「ジャジャ~ン!」と言って出そうと思って今から楽しみ!! Item0111

右のビンは「バブー」と言うのだそうです。

| | コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »