« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月23日 (月)

チリからのお便り

いつもチリからブログを見ていてくれる友人から、「ピクルス」を漬けて見ましたとのお便りが届きました。

Img_0130 「こちらでは日本のお酢は高いので、ワインビネガーを使いました。ちょっと酸味が強めでした。
この次はリンゴ酢で作ってみようと思います。」と、書いてありましたが「さっぱりしていて美味しかったです。」との感想も。

嬉しいな~。遠くでいつも見てくれているんですね。
Img_0214 チリは今は冬だそうで、「暑中見舞い」で雪の景色も送ってくれました。
ご自宅から20分程の景色だそうで、私の持っている「チリ」のイメージとはまったく違うものです。Img_0227

もう一枚は最近開発された新興住宅地だそうで、「アンデスの山が見えてまるで別荘地のようです。」と書かれていました。

いつか行ってみたい「チリ」ですが、日本とはまったく逆の季節。
しかも、冬はスモックがひどいらしいのですが、9月18日の独立記念日を過ぎると段々暖かくなって来るそうです。
この頃には藤の花も咲き、美味しい果物が出回るとのこと。
夏のクリスマスも体験出来そう。
行ってみたいで~す。

「こちらには梅はないので梅サワーは無理だけど、アンズやスモモはあるのでその時期になったら似たようなものが作れるかしら?」とも書いてありましたが、海外で生活している方たちは日本の味を再現する為に色々と工夫をしているのですね。
Photo_169 もう一枚は、以前送っていただいたもので、バザーのために100人分を一人で作ったそうです。

| | コメント (1)

2007年7月21日 (土)

お手玉

Imgp1901_2 今年89歳になる母は現在、6人の孫と5人のひ孫がおりますが、孫たちには「オセロゲーム」や「将棋」を教えて来ました。
それぞれ、おばあちゃんに負けて悔しかった事や初めて勝てた時の事を時々話してくれます。

女の子の孫やひ孫には、全員それぞれ「お手玉」を作って渡します。
今回も一歳5ヶ月になるひ孫に2回目の「お手玉」作成。
Imgp1890_2 前回はアメリカで遊ぶ時用だそうで、今回又、ご主人の出張についてくると聞くと早速作成に入りました。

おまけに私を呼んで、「こういうものは覚えておくといいんだよ」と、言って作り方の説明が始まりました。わたしも作った事あるんだけど・・・・Imgp1893_2

Imgp1892_2 中に鈴を入れて一日で完成しましたが、昔はどんな風に遊んでいたの?の私の質問に、歌を歌いながらのお手玉が始まりました。私が小さかったときには母の「お手玉」が、すごっく上手で子供心にも、どうしてあんな風に出来るのかと思っておりましたが、残念な事に今は視力が無い為にうまく出来ませんでした。

Imgp1904_2 それでも、歌はしっかりと覚えていたので書き留めてみました。
でも、十番目の東京、「しんがんじ」の字がわからないので調べてみたら見当たりません。
もしかしたら、「福島弁」で訛っているのかも・・・・・。
でも、昔の子供はこんな風に歌いながら遊ぶゆとり・・・と言うか時間と言うか・・・有ったんですね。
そして、片田舎の小さい子供も「日光東照宮」など知っていたのですね。

一番初めは 宇都宮
二また 日光東照宮
三また 桜の惣五郎
((し))また 信濃の善光寺
五(いつつ)は 出雲の大社(おおやしろ)
(むっつ) 村々(むらむら)鎮守様
七(ななつ) 成田のお不動さん
八(やっつ) 八幡の八幡宮
九(ここのつ) 高野の弘法さん
十(とう)で 東京心巖寺(しんがんじ)

Imgp1887_2 未だに糸は自分で通している母ですが、強い味方の糸通しも最近は駄目な時があります。
黄色い物の上で通すとよく見えるとか・・・・・。 Imgp1889_2

| | コメント (0)

2007年7月12日 (木)

召し上がれ

Imgp1852_1 先月作った「梅サワー」も、皆様に飲んでいただき、すごく好評です。
ごらんの様に、氷と水で割ったり、炭酸水で割ったりしていただきました。Imgp1832_2
涼しそうでしょ!(*^_^*) 
とっても「さっぱり」と頂けます。

一回目に作ったものが残り少なくなり、先月漬けた二回目の瓶のものが飲めるようになりました。
Imgp1878_1 南高梅で漬けたので、薄いピンク色できれいです。
それでも母からは、「昔から梅酒や梅煮などは、入梅前の青梅で漬けると身体に良いといわれているけど、南高梅は梅干や梅漬けに使うのよ」とのお言葉。
「はいはい!もう~!判っているけど、時期的に売ってなかったので仕方ないのよ!」と言いましたが梅が柔らかくて、美味しそうですし、色もきれいです。Imgp1879_1

| | コメント (0)

2007年7月10日 (火)

燻製

Nec_0003_2 先月の事ですが、会社の頃の友人と、早めの「暑気払い」と称して会うことになりました。
その方とは、「ちょっと変わったお店」や「季節のおいしいものを食べさせてくれるお店」等その時々に色々なお店に行きました。毎月「季節のものを食べる会」などもやっていた事も有ったほどです。
最近は季節ごとに、どちらからとも無く電話をしてどこかへ食べに行く程度ですが・・・・・。

今回は私の希望で、銀座の燻製屋さんの「煙事(えんじ)」へ行きました。
一回行って見たいと思っていましたが、なかかなチャンスが無かったお店です。

このお店は、各種の燻製がいただけるお店です。
意外とこじんまりとした大人のお店。
ハーフビールと各種のお料理を注文しましたが、写真は燻製の盛り合わせ。
「たくあん」や「チーズ」等が載っていました。
燻製屋さんなのに、意外な事に「カレー」も、美味しくてお奨めだとか。Nec_0002
次回は食してみたいものです。

| | コメント (0)

2007年7月 7日 (土)

七夕

仕事で伺った、月島のマンションの廊下に素敵な七夕の飾りがありました。
Nec_0006

| | コメント (0)

真っ赤なトマト

先週の月曜日、午後から「霞ヶ関ビル」へ行って来ました。
富士通の
講師向け説明会で「水彩7」ソフトの商品説明、および体験会です。

久し振りの虎ノ門!以前に2~3年仕事で通っていましたのでとても懐かしかったです。
30階のFNTTDATA ショールームで開催されたのですが、ここがまた、ディズニーのアトラクションのような会議室!!
Nec_0008 部屋全体が円形で講師席を囲むように配置された出席者側の席は映画館やアトラクションの様に段差があり、前面のスクリーンが見やすくなっていました。
各席にはイスにセットで取り付けられた直径30センチぐらいの丸い机。
その上に載っているノートパソコンとマウス。
マウスは、手の小さい私でもすっぽり入ってしまう位の小さいサイズ。
マウス接続の巻き取り式のUSB
そのマウスを動かす場所は、7センチ四方位。

ムムっ!!しばらく会議と言うものから離れていた私は、始まる前にちょっとショック!!
会議室ってこんなになっちゃたんだ。
おまけに、時間が来て担当者がリモコンで入り口のドアを閉めるのです。
それこそまるでアトラクションが始まるように。
まーるい小さい会議室が少し暗くなり、前の壁が両側に開きスクリーンが現れ、
今にも自分が座っているイスが動くのではないかと思いました。
いや~すごい!!

本日のメインの「水彩7」
楽しいソフトでした。
Nec_0009 「大人の塗り絵」が人気ですが、「水彩7」を使って塗り絵を楽しむことが出来るのでシニアの方たちも楽しむことが出来ると思います。
今回は用意されていた「下絵」を使って
「トマト」に色を塗っていきました。
最初は色を重ねていただけのものが「ぼかし」機能を使うと自然な感じで、ちょっと美味しそう。だってお隣に座られた川口校のK先生は画家さんでもあるので、超が付くほど「絵心の無い」私としては、すごくドキドキしていたのです。でも自分のトマトに十分満足。担当者の方が言って下さった「絵心が無くても使い方は教えることが出来ますよ」の一言に励まされ、生徒さん達と楽しみながら授業が出来る日まで、トマト以外もがんばろう!!__2
文字も書き込みして完了です。
美味しそうでしょう。

帰りには、まだ開いていた、おせんべいやさんの「播磨屋さん」へ
本当に久し振り!ここの「朝日あげ」と「助次郎」が大好き。
「華麗満月」なんていうカレー風味の揚げせんもありました。

| | コメント (0)

2007年7月 6日 (金)

久し振りの成増

夕方から、3ヶ月に一回の成増クラスの集まりです。
久し振りに「水波」さんへ集合しました。

久し振りだったので、なんと有楽町線で間違って「西武線」に乗ってしまい「小竹向原」を過ぎてから気づき、慌てて戻り遅れてしまいました。(m(__)m)
今日は皆さんのご希望で「O先生」も出席されました。
男性陣が多いい、このクラスですので色々とお話も弾み、次回以降もご出席をお願いいたしました。
パソコンの話や色々なお話で盛り上がり、賑やかな会ですが、O先生今後もよろしくお願いします。
次回開催は10月ですが、幹事も決まり、また、その間の「サブ会(その間にも飲んだり食べたりしましょう会です)」も「馬刺し」はいかが?のお話もちらほら・・・。
サブ会担当幹事に決まってしまった感のあるYさん、いつもありがとうございます。

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »