« 孫17人 | トップページ | 十二年に一回 »

2008年1月11日 (金)

一億円の重み

昨日は友人と外出しました。
買い物の予定で浦和まで行く事になっていましたが、ひょんな事から「王子」へ変更

あるものを買いに行く事になったからです。
Imgp2858_2あるものとは「お札サブレー」なんです。
以前川口で生徒さんから頂いたことが有り「こんな物があるわよ・・・」と、いう事から急遽、王子へ行く事になりました。

「お札サブレー」は印刷局で売っています。
中身は「風月堂」で作っているので、結構美味しいんですよ。
Imgp2841_4 すぐ側に展示されている「持てますか?一億円」のお札の束
10キロだそうです。
もちろん本物では有りませんが、やっぱり持ってみたいですよね。
持ってみました!
ずっしりとした重み。
もちろん持った事は無いけど、お札の重みより「一億円」と言う重みの方がズシンと来ましたね。

Imgp2862_2「お札サブレー」を買った後は、ロッカーに預け、「王子」の街を探索
想ったより狭い街なんですね。
駅の小さいのにびっくり。

「飛鳥山公園」を回り、お茶をして帰る・・・と言う、久し振りにのんびりとした穏やかな一日でした。Imgp2864_3

Imgp2865_2
Imgp2866_2

|

« 孫17人 | トップページ | 十二年に一回 »

コメント

印刷局?造幣局?と疑問をもったので調べてみました。印刷局ってあるのですね。今頃解りました。万札のお菓子があることは新聞で見たことがありましたがサブレなのですね。飛鳥山には紙の博物館、渋沢史料館などあるのは知っているのですがお花見にしか行ってない私です。「一億円」重さだけでも体験したい・・・・

投稿: 明石 | 2008年1月12日 (土) 08:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 孫17人 | トップページ | 十二年に一回 »