« 紫陽花の季節 | トップページ | 「目刺」が出ました »

2008年7月 4日 (金)

東劇で・・・。

先週の事、いつも仕事帰りに前を通っていた「東劇」で玉三郎さんの「ふるあめりかに袖はぬらさじ」を見て来ました。
この作品は歌舞伎座のライブ版で、拍手などが入っています。
時間も2時間40分と長く、途中10分の休憩が入るなど東劇って本当に独自路線ですね。「シネマ歌舞伎」と言うのだそうですが玉三郎さんは昭和63年から歌舞伎で演じています。
それ以前は文学座で杉村春子さんが演じていた事は有名ですよね。
私も3回ほど見ましたが、私はこの作品で杉村春子さんが着ていらしたお着物に思い出が有ったんです。
ずいぶん昔ですが、京都に遊びに行った折に美術館で偶然居合わせた方と着物についてお話をした事から、翌日友人とお宅へ伺う事になり、その時に製作していた着物が杉村春子さんの、この劇でお召しになる着物だったんです。
偶然次の舞台を拝見し、舞台上の着物を見たときにびっくりするやらなんかめぐり合わせのような気がして、すごく嬉しかった事が有りました。
玉三郎さんの「お園さん」も、もちろん素敵でしたが、途中何回も杉村春子さんの演技や声が思い出されました。素敵な方でしたね。
しかし、玉三郎さんの人気もすごいですね。
今回もほぼ満席状態。さすがですね。
七之助さんもきれいでした。歌舞伎座で見るのと違いアップで耐えられるのがすごい!!

そうそう、最近友人のKさんのお陰で、何回か「試写会」にも行きました。Kさんは大の映画好き!sign03
だってお仕事のお休みを「レディスデー」に合わせている位で、試写会も6月は3~4回当たったそうです。
有りがたい事に私まで声をかけてもらってhappy01タダで楽しませていただいています。
今まで誘ってもらったのは「チャプター27」ジョンレノンがなぜ殺されたか・・・。
次は「ダイブ」これは日本映画で若者のダイビングの映画でした。
そして今回の「きみの友だち」重松清さんの原作で主題歌が一青窈さん
感激していたら隣の若い男性が声を出しそうなくらい泣いていてちょっと気になってしまいました。

|

« 紫陽花の季節 | トップページ | 「目刺」が出ました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紫陽花の季節 | トップページ | 「目刺」が出ました »